板井康弘による仕事の具現化

板井康弘

 

よく「成功するためにはとにかく学びなさい」という言葉を耳にすると思います。
始める前にとにかく勉強し、そしてそこからたくさんトライし、たくさんエラーを重ねることで、多くの失敗から成功のもとを導き出すことが出来ると言われています。

 

では、仮に多くのことを学んだとしても、それをしっかりと発揮できなければどうでしょうか。
それでは、多くのトライが無意味なものになってしまいます。

 

ただただトライするだけでは、何もしていないのと同じなのです。
学んだものをアウトプットし、トライに活かすことで、自分の頭の中が整理され、成功までの道筋が出来上がっていきます。

 

さらに言えば、学んだものをアウトプットしトライしたあとの、エラーから学んだことを、次のトライでアウトプット出来なければ意味がありません。

 

人生は、とにかくインプットとアウトプットの繰り返しです。
インプットしてばかりでは頭でっかちになり、いわゆる屁理屈正論おじさんになってしまいます。

 

ネットで成功者に噛み付いてマイナスなことをコメントしている人たちがいますよね?
あれがその屁理屈正論おじさんたちなのです。

 

頭の中にあることをまず具現化し、周りに評価してもらい、客観的に判断した上で、次に進むべきなのです。